ツインレイ・ツインフレイムの統合と覚醒

シンクロ二シティ
スポンサーリンク

ツインレイと出会うと、覚醒する、統合するといわれています。また、ツインレイの統合までには段階があるといわれています。

今回は、私が2020年現在、ツインレイについて思っていること、特に、統合や覚醒に至る道のりとその意味について、まとめてみました。

スポンサーリンク

ツインレイは何のために出会う?どういう存在?

ツインレイというのは、自分の魂の片割れだといわれています。

また、ツインレイは、ノマドを二つに分けた存在ともいわれています。

私が思うツインレイというのは、自分の姿をそのまま、鏡のようにあらわしている存在だと思います。これは、良くも悪くもです。

自分の好きなところも同じ、いやなところも同じ…。そのような存在がツインレイではないか、と私は思います。

このような人同士が、男性と女性、という形で出会うと、「ほかの人とは違う」と強く感じて、どうしても特別な感情を抱いてしまうものなのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ツインレイは究極の鏡・恋愛や対人関係は鏡の関係

ツインレイに限らず、恋愛の相手は、その時の自分と同じ波長の人、または、精神の成長過程が出会い、惹かれあい、引き寄せあうものだと思います。

ツインレイは、その、最たるものなのではないか?と私は思います。

人を好きになるとき、恋愛感情を抱くときというのは、相手と自分に類似点があったり、または正反対の性質を持っていることが多いと思います。

ツインレイに限らず、恋愛感情を抱くときには、相手に対して何かしら、強く感じるものがあるから、惹かれるのだと思うのです。

もっと幅広くとらえると、恋人やパートナーだけでなく、友達や同僚、家族、近所の人、先生、お客さんなど、様々な人が、自分の鏡である…ということだと思います。

その中で、もっとも、自分の姿を正確に写してくれるのが、恋愛の相手や、パートナーなのではないか?と私は思います。

パートナー的な存在として、今まで出会った中で、一番自分をよく写し、衝撃を受ける相手が、ツインレイ、ということだと私はとらえています。

ツインレイに出会うまでに、恋愛や結婚の経験ある方も多いと思います。今まで様々な形の出会いを経た後、最後にツインレイに出会い、総仕上げをする…というのが、ツインレイの本質なのではないか?と思います。

 

スポンサーリンク

ツインレイとシンクロ

ツインレイと出会うと、シンクロが多発するということもあるようです。

ツインレイのお相手との間で、同じ時に同じ体験をする、という形でのシンクロもあります。

または、ぞろ目を目にする、必要な時に何らかの意味のある事象を体験するなど、ツインレイの相手と関係のないところでも、シンクロを体験する人もいるのかもしれません。

なぜこのようなことが起きるのでしょう?

「もともと、世界のすべてはシンクロしていたが気づくことができなかった。ツインレイに出会って、やっとシンクロに気づくようになった」というのが、本当のところではないか?と、私は思います。

これは、これはあくまでも私なりに思うことで、真実かどうかはわかりませんが…。

ただ、今まで生きてきて体験したすべてのことは、シンクロしていたし、つながっていたと感じます。過去の体験でずっと覚えているような事象は、つながっていた、と思います。

しかし、その体験をした時点では、シンクロしているとは思いませんでした。

しかし、ツインと思われるその人が、あまりにも自分と似ている、類似点が多い、事象の一致が多い…ということから、世界の見え方が変わってしまいました。

これがどういうことなのか…私の思うところを、さらに書いていこうと思いますので、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

ツインレイとサイレント期間

ツインレイと出会うと、統合までの間に、サイレント期間があるといわれています。

サイレント期間とは、連絡がとれなくなったり、避けられたり・・・という時期のことです。

一般的な恋愛の場合でも、相手の気持ちがわからなくなったり、急にいなくなってしまう…ということは起きることがあります。

ツインレイやツインフレイムのサイレント期間というのは、自分の「内面」と「二人の関係」がわかりやすく、リンクしているのだと思います。

相手と、連絡が取れなくなるのは、以下のようなことがある場合だと、私は思います。

  1. 自分のすべきことをしていない
  2. 自分で自分のある部分を受け入れられない
  3. 未浄化のカルマがある
  4. 気づくべきことがあるが気づけていない

 

1~4まで、それぞれ、詳しく解説します。

1.自分のすべきことをしていない

1の場合は、例えば、すべき仕事があるのに、終わらせていない場合です。仕事の進み具合と、自分自身の統合の進み具合は同じになります。

仕事というのは、ライフワークやライトワークと呼ばれるものだったり、一般的なお仕事だったり、家事や家族の世話だったりする場合があると思います。

生計を立てる、お金のための仕事以外に、何かすべきことがあって、この地上に来ている人は、それをある程度進めなければ、ツインと再会できないのかもしれません。

また、家族のことをする必要がある場合は、それが片付くまで会えないかもしれないし、勉強する必要がある人はそれが終わる前まで会えない・・・といったこともあるかもしれません。

どんな仕事でも、一気に最後までできるわけではなく、すべき時にすべきことをしながら、先に進むのだと思います。

一つ一つの段階を進むことで、OKサインが出たかのように、ツインと連絡が取れる…ということがあると、私は感じます。

少しずつ、前進し、進歩しながら、それを、ツインと確認する…ということになるのではないかと思います。

2.自分で自分の一部分を受け入れられない

自分の中に、受け入れがたい部分がある場合、そしてそれを直視せず、外側の世界ばかり見てしまっているとき・・・・

例えば、自分を見つめることなく、ツインのことを考えてしまうような場合も、連絡が取れなかったり、タイミングが合わなくなるように思います。

自分の身に起こることや、ツインの言動は、自分の外側の世界ですが、外側の世界は、内側の世界の反映です。

自分を見つめ、自分の中にある、ある部分を受け入れ可能になったとき、ツインと連絡がとれ、関係がスムーズになることがあるように思います。

3.未浄化のカルマがある

これは2と似ていますが、自分の中に、親や先祖から引き継いだカルマのようなものがある場合や、自分が生きてくる中で、思い癖となってしまったものがある場合、それに気づかせてくれるのが、ツインだと思います。

自分一人では、自分の問題に気づけない場合もあります。

それをツインに指摘されることもあると思います。

ツインとの関係がうまくいかないことの原因そのものが、自分の中のカルマが原因であることもあると思います。

これは、ツインの相手が悪いのではなく、自分の中にあるカルマに気づいてないことが原因だと思います。

カルマとは、いつも同じようなところで、同じように躓く、パターンのようなものだと思います。

自分に、そのような癖があることがわかり、解消してすっきりすると、不思議と相手と連絡が取れることがあると思います。

4.気づくべきことがあるが気づけていない

これも2.3と似ていますが、気づくべきことがあるのに、気づけていない場合、ツインと連絡が取れなくなることがあると思います。

ツインと出会わせてくれた存在…ハイヤーセルフなどの意図は、気づきを得て、覚醒してほしい、ということだと思います。

覚醒するには、たくさんの気づきを得なければいけません。気づきを得るために、様々な体験が与えられます。

それは、ツインを通しての体験かもしれませんし、ツイン以外のだれかとの体験かもしれません。

すべては、気づきを得るために体験であり、気づきを得れば問題は消えることが多いです。

ツインと会いたいのに会えない、という場合には、もしかすると、何か気づくべきことがあるのかもしれない・・・ と思います。

これは、2.3と本質的には同じことなのですが、何に気づくべきなのか、自分を内観する、または、仕事などのすべきことを行うことで気づきが得られます。

ある段階まで気づきが得られると、ツインと会えるようになることがあると思います。

例えば、仕事の関係会うことになったり、何かのタイミングがあったり・・・です。

ツインは自分の鏡ですから、自分自身が内観をしたり、仕事などすべきことに一生懸命向き合っていれば、相手もまた、同じように、進化していくのだと思います。

 

スポンサーリンク

ツインレイは特別なものではない

ツインレイは、このように、互いに成長しあったり、気づきをもたらしてくれる特別委なパートナーだと思います。

しかし、最終的には、ツインが特別な存在なのではなく、この世界にあるすべてのものが、ツインであり、自分の鏡である・・・という意識に変わってくるのではないかと私は思います。

そのように感じるようになったとき、ツインレイやツインフレイムという存在自体も、幻想だった…と思うのかもしれません。(これについては、理解できない、理解したくない人も多いかもしれませんが…)

スポンサーリンク

外側はすべて幻

私たちの見ている世界は、私たちの意識が作り出した幻影であり、幻だと思います。

ツインレイも、ツインフレイムも、パートナーとして、自分の外側に現れた存在…ですから、ツインレイも幻だと私は思います。

スポンサーリンク

ツインは鏡合わせ・一緒に進む

鏡合わせの関係で、自分の内面と同じように変化していく相方がツインだと思います。

そして統合は一度に起こるのではなく、少しずつ、部分的に、進んでいくのだと私は思います。

分離が起きるたびに、自分の内側に意識が向かいます。そして、内側の問題を解決し、より自分に近い自分になったとき、小さな統合がおきます。小さな統合を繰り返し、少しずつ、近づいていくような気がします。

それを繰り返すうちに、現実を変えるには、自分の内面を変えればよいことに気づきます。

内面を変えるには、心の中にあるわだかまりを消したり、おそれや疑いの気持ちや、エゴの気持ち、弱さを見つめ、一つ一つ、受け入れ、浄化していかなければいけません。修行のようなものだと思います。

たいていは、女性側が、内面と向き合う役割を担うのだと思います。

スポンサーリンク

女性は5次元を生きる

このようなことを繰り返していくうちに、女性の意識は覚醒していき、意識を使って現実を変えていけるようになるのだと思います。

引き寄せの法則が当たり前に使えるようになる…。

これが、「5次元を生きる」ということだと思います。

意識によって現実を作り替えることができる…ということに気づいたのち、さらに次の段階があると思います。

スポンサーリンク

すべては自分

「意識によって現実が作られている。」

これは、引き寄せの法則と呼ばれていることもあります。マーフィーの法則や、思考は現実化する、といったように、様々な呼ばれ方をされていると思います。

望む現実をイメージして、現実を引き寄せている…このように感じるかもしれませんが、別の言い方をすれば、「目に見える世界は、内側の意識の反映」ということになるかと思います。

ツインに出会い、相方との統合を進めていったのち、覚醒するといわれていますが、覚醒してしまったら、そこには「自分」しかいなくなると思います。

それは、本来の自分です。

人間の欲望や希望は際限がありません。

  • あれがしたい
  • これがほしい
  • こうなりたい
  • ああなりたい

いろいろなものを欲しがり、夢を抱いたり、イメージしたりして、欲しいものがすべて手に入ったら幸せだろうと人は考えます。

引き寄せの法則を使えるようになり、内面のありようが、外側の世界に反映されると気づいたのちには、今度は、内面を変化させることで、望む現実を引き寄せることができるようになります。

内面の世界が外側に反映されているだけだった…と気づきます。

そのようになってから、最後に気づくのは、「私ほしいと思って手に入れたものは、私が最初からほしかったものだけ。最初から持っていた。」ということです。

欲しいと思わないものは、最初からほしくないですし、欲しいものは、生まれた時から欲しいのです。

でも、本当に欲しいものは、最初から与えられ、最初から持っているものでした。

それが、私、だからです。

私は、そういう人間である、ということです。

  • 欲しいものが欲しい。
  • 好きなものは好き。
  • 嫌いなものは嫌い。
  • したいことがしたい。
  • したくないことはしたくない。

これを突き詰めていった先に、本来の自分、がいる。そのような感覚です。

 

本当は欲しくもないのに、周りの人に言われて無理やり欲しがってみたり、人と競争させられていたり、批判されたり比較されたり…そのようにして、本当は興味もないし欲しくもないものを、欲しいような気分になって、余計なことをしていただけかもしれません。

ツインに出会い、自分が何なのかわかってしまったら、欲しいもの以外は欲しくないし、欲しいものは最初から全部与えられていたことに気づくのだろうと思います。

そして、その本来の自分そのものが、ツインの相方の姿なのだと思います。

このようになること・・・つまり、「最初から自分は自分」と思えるようになることが「統合」なのではないかと私は思っています。

 

その途中で、まだ、本来の自分の姿やありかたを受け入れらないときに、サイレント期間が生じたり、あえなくなったりするのではないか、と私は思うのです。

ツインレイとは、相手を追いかけているようで、実は、ひたすら自分に向き合い、自分を見つける旅のようなものだと思います。

スポンサーリンク

ツインレイとライフワーク

ツインレイは、本来の自分を見つける旅のようなもの、と書きましたが、本来の自分には、本来すべき仕事のようなものがあることもあると思います。

仕事というのは、息を吸うようにできることなので、仕事とも呼べないのかもしれません。やりたいと思ってやること。楽しくて、どうしてもやってしまうようなこと・・・。それが本来の仕事だと思います。

ツインと出会い、真剣に自分と向き合い続けた結果、本来やりたいことを思い出したり、自分の才能に気づいたり、ご縁があって、本来すべきだったことをやらざるを得ない流れになることもあると思います。

スポンサーリンク

ツインレイとライトワーク

また、自分を見つめる過程で、ライトワークと呼ばれるような、人を癒す仕事を与えらえることもあると思いますが、これは、ライトワークをすることで、自分を見つめることになるためではなか、と私は思います。

人を癒すということは、自分を癒すことだと思います。自分に関係のない人は、やってこないようになっていると思います。

相手の中に自分と同じ問題があり、それを解決したり癒すことで、自分の問題が解決され、次に進むことができる…そのようになっているのではないかと思うのです。

スポンサーリンク

ツインレイの覚醒と統合とは

ツインレイの覚醒とは、外側が内側の反映であることに気づくこと、そして、統合とは、本来の自分に戻ること、だと私は思います。

ツインレイの覚醒=外側が内側の反映であることに気づくこと
統合=本来の自分に戻ること

本来の自分に戻ってしまえば、望むことだけを望み、欲しいものだけを欲しがり、したいことだけをする…そのような生活が待っていると思います。

そうなったころには、ツインに対する強い気持ちもなくなり、お友達や恋人やパートナーとして、穏やかな関係が続いていくのではないでしょうか。

覚醒すると、テレパシーが目覚めたり…ということもあるようですが、本来は、人間も動物も、多少のテレパシーを使えたり、直感が使えるものだと私は思います。

例えば、具合の悪そうな人を見たら何となくわかったり、友達から連絡がきそうだと感じた時に連絡が来たり…そのような体験は、案外、誰にでもあるのではないでしょうか?昔の人は「虫の知らせ」と呼んでいたと思います。

「本来の自分」や「本来の世界」というのは、学校などで「これが常識だ」と教わった存在とは、全然違うと私は思うのです。

スポンサーリンク

ツインレイについて思うこと

今回は、ツインレイについて現在思っていることをまとめてみました。

長くなってしまったので、もう少し、短い文章で、それぞれのテーマについて、後日、別記事にまとめてみたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

彼の気持ち、復縁で悩んでいる方に、カードリーディングによるメッセージをお届けします。画像をスライドさせ、ピンときた画像をタップしてください。

彼の気持ち、復縁で悩んでいる方に、カードリーディングによるメッセージをお届けします。画像をスライドさせ、ピンときた画像をタップしてください。

彼の気持ち、復縁で悩んでいる方に、カードリーディングによるメッセージをお届けします。画像をスライドさせ、ピンときた画像をタップしてください。

彼の気持ち、復縁で悩んでいる方に、カードリーディングによるメッセージをお届けします。画像をスライドさせ、ピンときた画像をタップしてください。

彼の気持ち、復縁で悩んでいる方に、カードリーディングによるメッセージをお届けします。画像をスライドさせ、ピンときた画像をタップしてください。

ツインレイ・ツインソウルカードリーディング:F

ロマンスエンジェルカードとMessages from your Angelsカードでのリーディングを無料でお楽しみいただけます。 彼の気持ち、復縁で悩んでいる方も、占ってみてくださいね。 目次 3つの画像から1つ選んでく […]

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
無料オラクルカードリーディング【仕事・お金編】

以下のイメージからひとつ選んでください。 あなたの、お仕事とお金に対するメッセージが表示されます。   目次 1:鳥2:紫の花3:ピンクの花 1:鳥   2:紫の花   3:ピンクの花 &n […]

無料オラクルカードリーディング【仕事・お金編】

以下のイメージからひとつ選んでください。 今のあなたへの、お仕事とお金に対するメッセージが表示されます。   目次 1:ピンクの花2:蝶3:青い花 1:ピンクの花   2:蝶   3:青い花 […]

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
シンクロ二シティスピリチュアルツインソウルツインレイ
スポンサーリンク
churen929をフォローする
スポンサーリンク
the magical spell